季節子供の保育園

人気記事ランキング

ホーム > 敏感肌 クレンジング > クレンジング後の写真、敏感肌だと披露できない

クレンジング後の写真、敏感肌だと披露できない

SNSでのすっぴん披露、流行りましたよね。あれって「すっぴんです」→「そのままで十分かわいい!」→ふふん♪までがセットですよね。すっぴんでもイケてる自分、メイク落としても変わらない自分、のアピールです。でもカラコン入れてたり、加工してたりで本当のすっぴんと言えるのかどうか、という詐欺まがいのものも多いですよね。加工するなら載せなきゃいいのにと思うのですが、「みんなやってる」からやりたくなるんでしょうね。「すっぴんです」→「誰か分からんヤバい」という強者はいないのでしょうか。そっちのほうがメイクのやり方を教えて欲しくて人気になりそうですが。クレンジング後の顔をわざわざ写真に撮るなんて、みんな暇だなあと思ったり、肌が丈夫なんだなあと思ったりです。

 

クレンジング後の写真、敏感肌は無理?

 

敏感肌で荒れてたら、写真加工するにしても撮りたくないと思うんですよね。だから写真撮る人って、かわいいということと、肌がもちもちだということをアピールしたいわけですからね。「すっぴんの方が若くみえる」と言われて喜んでるわけですから。あ、あと、すっぴんを見せちゃう気さくな自分というアピールもありますね。それは全世界に発信するんじゃなくて、友達との旅行とかで見せてるのがベターだと思われます。